東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2011.06.30

歯の構造

エナメル質
体の中で一番硬く、密度が高い組織。ほとんどが無機質からできていて、細菌の好む有機質はほとんど含んでいません。そのため、虫歯の進行は遅い。再石灰化(再生)はわずかにおこります。

象牙質
細い管状の構造をしています。有機質を多く含んでいるために、やわらかい組織。
そのために細菌が進入しやすいので、中で増殖しやすい。

虫歯の進行は早く、大きくなると痛みを感じることもあります。
再生は起こりません。

歯髄
痛みを感じる神経や栄養供給をする血管。ほとんどが、有機質からできています。細菌が歯髄に進入してくると激しい痛みを感じるようになります。
再生はおこりません。

セメント質
エナメル質と比べると硬さも密度も劣りますが、再生能力は高く、歯肉が下がってセメント質が出てくると、密度が低いため温度による痛みが出てくることがあります。
これを知覚過敏といいます。

歯根膜
歯と骨の硬い組織の中にはさまれていて、クッションの働きをしています。

歯ざわり、噛み応えなどを感じることができます。

噛んで痛みを感じる時には、この部分に炎症があります。再生能力はそれほど高くありません。

歯槽骨
歯を支えている骨。歯肉に細菌が進入して炎症が起こると骨は溶けてしまい、支えを失った歯はぐらぐらしてきます。再生能力は高くありません。

歯周ポケット
歯と歯肉の接着部位。まるでポケットのように少しくぼんだ溝になっています。 歯周病はここから細菌が進入して、進行していきます。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る