東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2018.08.12

根の先に膿が溜まった時の症状

慢性の安定状態であれば、膿がたくさん溜まるまでほとんど自覚症状がないことも。
逆に急性の状態では、膿の袋ほとんど見られなくても、症状が強く現れる場合もあります。

主に次のような症状で病院を訪れるのを良く見かけます。

■噛むと痛い
噛むと痛むのは、歯の根の先端部分にできた膿入りの袋を歯が押すため。
袋の外側は固い骨で覆われているため、膿の袋内部の圧力が高まり痛みを感じます。

■歯が浮いた感じがする
歯が浮く感じが起こるのは、歯の根の先端部分にできた膿入り袋の圧力が高まるため。
袋の外側は固い骨で覆われているため、膿の袋が歯そのものを押し上げようと働くためです。

■歯茎におできができる
歯茎の部分におできのような膨らみができ、その周辺を指で押さえると膿が出ることもあります。
おできのような膨らみは、溜まった膿の圧力を逃がす噴火口のような役割をしています。

■寝ている時にズキズキする
脈打つリズムに合わせて痛むと表現する人もいます。
このような状況は膿の袋が成長する速度よりも膿の増加量が多くなる急性の状況で多く見られ、膿の袋内部の圧力がどんどん高まるので、早期に治療を行なわないとさらに悪化します。

■その他・無症状のケース
実はたまたま撮影したレントゲンで膿が溜まっている空洞が発見されるケースも少なくありません。
この場合は無症状のため、痛みなどの症状が出るまでには何年先になるか分かりません。
しかし膿の袋は放ってそのままにしていても決して小さくなりません。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る