東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2015.05.04

入れ歯による口臭

入れ歯による口臭原因は、入れ歯自体の汚れと、入れ歯を入れたままにしてしまうことによるものがあります。
入れ歯は、表面の歯の部分にも、歯垢がつきますが、入れ歯を装着するために付いているバネの部分にも、歯垢が付きやすいので、それが口臭の原因になっています。


また、ピンク色の部分も、口によくなじむように、吸水性に優れた素材で作られているため、唾液と一緒に細菌もよく浸み込んでしまいます。
このように、入れ歯自体が細菌を持っている、不潔な状態であれば、口臭がしてしまうことは避けられないので、洗浄剤で、毎日しっかりと殺菌して、清潔な状態で使用しなければなりません。


入れ歯をしたまま寝てしまうことによる口臭の原因は、主に、口の中の唾液の減少によるものです。ただでさえ、睡眠中は、唾液の分泌量が低下します。
入れ歯を入れたままの状態では、余計に唾液の分泌量が低下してしまうので、口の中が不潔になってしまい、口臭がさらにひどくなります。


また、虫歯の原因となる、歯垢や歯石は睡眠中に作られると言われています。
口の中が清潔な状態ではないときに、細菌が繁殖するわけですから当然でしょう。
この不潔な状態のときに、口の中に入れ歯を入れたままにしていたら、口臭がひどくなってもしょうがないとしか言いようがありません。


また、入れ歯をしていることで、歯や歯肉に負担を掛けているので、寝ているときくらいは、歯や歯肉も休ませて上げましょう。
部分入れ歯でも、総入れ歯でも同じことです。
部分入れ歯の場合は、入れ歯の周りの取りきれなかった歯垢や食べカスを、そのままにしてしまう原因になることもあるので、気をつけましょう。


このように、入れ歯による口臭原因は、はずして、キレイにすることで、予防できるのです。
はずして寝ることは、歯の清潔や歯肉の休憩のためだということを忘れないでください。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る