東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2013.08.04

歯磨き中や歯茎からの出血の原因は?

【歯磨き中に出血するのはなぜ?】

ブラッシングで血が出ると、たいてい歯ブラシで歯ぐき(歯肉)を傷つけているせいだと思われがちですが、実はそこで細菌と白血球が戦っているせいなのです。

細菌の塊である歯垢が歯と歯肉の境目に溜まると毛細血管がそこに寄ってきて、自分の体を守る白血球がここに集まって来ます。
歯肉が赤く腫れて見えるのはこのせいですし、細くて弱い血管なので歯ブラシで簡単に破れて血が出るのです。

つまり歯ブラシを当てて血が出るのは、そこにいつも磨き残した細菌(歯垢)がいますよというシグナルなのです。
したがって、血が出る部分はもっと頑張ってブラッシングしなくてはいけないということなのです。

【歯茎から出血する原因】

歯茎の出血が起こる可能性があるのは、次のようなものがあります。

■歯周病(歯槽膿漏)

歯茎からの出血で、最も多いのが、歯周病菌が原因の、歯茎の炎症です。
歯と歯茎の境目の溝の内部にある汚れや、歯石などを完全に除去できれば、炎症が収まり、出血しなくなります。


■歯と歯の間の詰まり

歯と歯の間に物が挟まりやすいのは、繊維質です。
次から次へと挟まるために、歯茎を圧迫していきます。
歯周病菌の温床となりやすいので、出血が起こりやすくなります。


■不適切なブラッシング

ブラッシングの際、硬い歯ブラシを使用して、力任せに大きなストロークで擦ると歯茎に傷をつけてしまいます。
この場合の出血は僅かに血が滲む程度です。出血しない時もあります。


■歯肉癌

きわめて稀にですが、「歯肉癌」が原因となってなかなか改善しない出血が続くことがあります。
歯以外のすべての組織に影響を及ぼすため、進行すると歯が完全にぐらぐらになったり、唇や舌、顎などの感覚が無くなったりすることがあります。


■全身疾患の影響

血管に異常がある場合や、血液の病気を伴う場合、特に白血病などの初期の段階では、多くの場合、歯肉の出血が現れることがあります。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る