東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2012.11.30

デンタルフロスの使い方と使用上の注意

【デンタルフロスの使い方】

まず4050cmくらいフロスを出し(指先からひじまでが大体の目安です)、端を指にクルクルっと巻きつけます。

そして歯と歯の間にフロスを挿入するのですが、この時気を付けて挿入しないとフロスが勢い良く入って歯ぐき傷付けてしまいます。

そうなるのを防ぐために、フロスをゆっくり前後に動かしながら挿入するようにしましょう。
また、糸の間隔をできるだけ短くした方が挿入しやすくなります。

これが難しいという場合には、柄のついたタイプのデンタルフロスを使うという方法もありますが、費用はかなり割り増しになります。

デンタルフロスが挿入できたら、フロスが歯ぐきに少し隠れるくらいまで奥に挿入します。

フロスが挿入できたら、歯についたプラーク(歯垢)をこすり落とすように歯に沿わせながら上の方へ移動させていきます。
(これを45回繰り返します)

一度使った部分は指などでクルクルっと巻き取って、別の場所をフロッシングする時はフロスの新しい部分を使うようにしましょう。


慣れてくると結構簡単に出来るようになりますが、慣れるまでは鏡を見ながら行うようにしたほうが良いでしょう。

【デンタルフロスの使用上の注意】

1.フロスを使用すると血が出る場合
今までフロッシングをしていなかった人がフロッシングを始めると、多くの人が出血します。
これは、ブラッシングだけでは取りきれなかったプラークが原因で歯と歯の間に炎症が起きていることが多く、この炎症部から出血するためです。
ちゃんとフロッシングを続けているとこの炎症が治まってきて徐々に出血しなくなってくるので、始めのうち出血するのは気にする必要はありません。逆に、血が出るからフロッシングをやめてしまうということのほうが大間違いです!
ただ、いつまで経っても出血するような場合にはフロッシングのやり方が間違えていたり、その部位に何らかの歯科的問題があることが考えられますので、一度歯科医院へ行って歯医者さんに見てもらってください。

2.フロスが引っかかったり切れたりする場合
デンタルフロスが引っかかったり切れたりする場合には、そこに隠れた虫歯があったり、合っていないクラウン(差し歯)やインレー(詰め物)などが入っていたりすることが考えられます。
とにかく良いことではありませんので、この場合も歯医者さんに見てもらう必要があります。
(放っておくと、その部分が高確率で虫歯や歯周病になってしまいます!)

3.歯と歯の間の隙間が大きい場合
以前に歯周病の既往がある場合などで、歯と歯の隙間が大きい人の場合には、デンタルフロスではなく歯間ブラシというものを使用します。

デンタルフロスでも歯周病予防の効果はありますが、歯間ブラシのほうがさらに高い予防効果があるからです。

ただし、必要以上に大きなサイズの歯間ブラシを使ってしまうと逆に歯ぐきにダメージを与えてしまうこともありますので、歯間ブラシの使用に関しては歯医者さんと相談して下さい。
(これは自分で判断しないほうが良いです)

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る