虫歯治療1
立川駅「北口」から徒歩3分
痛みを軽減させる麻酔注射の実践文字
虫歯治療の画像1

歯科治療は「痛い!」というイメージをもっていませんか?
ご安心ください。当院は、痛みがない、あるいは少ない麻酔注射の工夫を取り入れ実践しています。
痛みの少ない無痛治療を基本にやさしい治療を心がけてまいります。
院長である私自身も小さい頃に受けた麻酔の注射の痛みは今でも覚えています。
できるだけ患者様には“歯科治療時の痛み”を与えたくはありません。

表面麻酔について文字
虫歯治療の画像2

注射する部位に、事前に表面麻酔を塗布することで注射の痛みを軽減させます。
お口の中には敏感なところやそうでないところもあります。
いくつかの表面麻酔薬を使い分けて、痛みの軽減の工夫をしております。

虫歯治療の画像3
極細の針を使用文字

注射針は細ければ細いほど痛みの程度は少なくなるといわれています。
太い針よりも細い針の方が、痛みが少なくなるのはイメージがつきますよね。

虫歯治療の画像4
手技による痛み軽減文字

歯肉粘膜にもぐり込ませるような感覚でそっと針先を刺して痛みを極力感じないようにしています。
患者さんの呼気のタイミングに合わせて麻酔針を穿刺することにより、痛みは軽くなります。
また 患者さんの目線、姿勢、意識の持ち方、などにより痛みを10分の一にする方法もお伝えします。
いわゆる脳をだますテクニックです。
針先が骨膜の周辺に到達するまでの間は麻酔薬を注入しながらゆっくりと押し進めます。
麻酔薬を一定の圧力でゆっくりと注入することで痛みを最小限に抑えます。これらのことを電動麻酔注射器によりを効果的に実現できます。
逆に急激な麻酔薬の注入は組織が膨張し、痛みの原因となります。注入速度、圧力を誤るとこれも、急激な膨張を招き 痛みの原因となります。

電動麻酔注射器文字
虫歯治療の画像5
ページの先頭へ戻る 
最小限の切削文字

当院では、「できるだけ歯を抜かず、削らずに治療を行い、健康な歯を残し 自分自身の歯を可能な限り保存する考え方」を推進しています。
(MI(Minimal Intervention)=最小侵襲治療)
虫歯になったら削って詰めてを、繰り返し最後には歯の神経を抜いてかぶせ物をする。
更に六場に再度なったり、歯が割れたりしたら 歯を抜いてブリッジにしたり、入れ歯になったり…
ここのようなことに、ならないするためには、適切な予防すると同時に、必要以上に歯を削らない、かつ、虫歯を取り残さないことが大切です。
一度削ってしまった歯、は二度と再生することはありません。
また、どんなに高価で最新の材料により、歯を作ったとしても 本来の自分の歯に勝るものはありません。
MI(Minimal Intervention)=最小侵襲治療を実践することにより、歯の寿命を大幅に伸ばすことができます。

ページの先頭へ戻る 
立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ポータルサイト
ページの先頭へ戻る