できるだけ歯を削らない、神経を抜かない治療
立川駅「北口」から徒歩3分
できるだけ削らず、抜かず、生かす治療トップ画像

歯科治療を含む医療行為において、みなさんの体に多少負担をかけざるをおえません。
たとえば、麻酔針を指すとチクッと痛かったり、
レントゲン撮影ではX線が体を通過したり、
お薬は副作用のことを考えなくてはなりません。
(むし)歯を削るのも、痛みがでて仕方なく神経を抜くのもそうです。
そうした体の負担について、立川活き活き歯科は1つの信念があります。

できるだけ歯を削らない治療

一度削った歯、抜いた歯は二度ともとには戻りません。将来の健康な歯やお口の状態を考えながら
天然歯を保護する保存治療に徹底的にこだわりをもっております。

むし歯菌を削らないでミネラル殺菌

いままでのむし歯菌を削って治すという発想とは全く違います。
むし歯菌を削らないでミネラル殺菌する治療法ことをドックスベストセメントといいます。
当院ではもちろんこれを採用しています。
これは画期的な治療法なのです。

画期的な治療法

ドックスベストセメントはまさに画期的な歯科治療法です。
従来なら、むし歯の部分をすべて取るために大きく歯を削っていましたが、
当院の採用するドックスベストセメント治療法では、
むし歯菌の部分をほとんど削り取る必要性がないので、
大事な歯を極力削らなくていいのです。
また神経の上の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいという利点もあります。

神経まで到達する深いむし歯にも対応

従来は、神経まで到達する深いむし歯の場合、
歯の中にある神経をすべて取ってゴムの詰め物をします。
しかし、ドックスベストセメントでは、
むし歯菌の感染部分を全部取ってしまうと神経がでてしまうので、
神経まで到達しているむし歯の部分を除去しないで、ミネラルでむし歯を殺菌します。
あなたの大切な天然の歯、神経を抜かずに済むのです。

インプラントとは?

歯を失った際の治療は、今までですと入れ歯(義歯)、ブリッジでしたが、
第3の治療法として現在、インプラントが注目されています。
インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を装着することです。
これにより、天然歯とほぼ同等の咀嚼運動(噛砕き、飲込む運動)を回復することができます。

いまある骨を最大限生かす

インプラントをする際にあごの骨にドリルで穴をあける必要があります。
あごが小さかったり、骨が十分にない方、あごの骨と神経が近い方などは
インプラントが無理であったりしました。
しかし、当院では、精密で安全なCT(コンピューター断層撮影)を利用して
3次元的にデジタル解析・設計をして、いまあるあごの骨を最大限に生かし、
骨の幅が狭い方でもインプラントが可能な大口式(OAM)インプラント法、
また、構造がシンプルで長さが短めのバイコン(bicon)インプラント法を採用して、
大切な骨をあまり削らずに、インプラントを実施しています。

インプラントについてもっと知りたい方はこちら
☆ブログ☆

当院の取り組み

従来の、むし歯の部分を大きく歯を削るのとは異なる方法、
つまり、むし歯菌を削らないでミネラル殺菌する、ドックスベストセメントを採用することで、
できるだけ削らない、神経を抜かない治療をしております。
天然歯を保護する保存治療に徹底的にこだわりをもっております。
またインプラントにおいても
大切な骨をあまり削らずに、インプラントを実施しています。

ページの先頭へ戻る 
立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る