できるだけ歯を削らない、神経を抜かない治療
立川駅「北口」から徒歩3分
できるだけ削らず、抜かず、生かす治療トップ画像
できるだけ削らない・抜かない

できるだけ削らない・抜かない「低侵襲治療」(できるだけ自然のままで手を加えるのは最小限に、天然歯を保護する保存治療)を 実践しています!

当院では以下のことを実施しています。
1.MIの実施
2.ドgクベストセメントの使用
3.3Mix-mp法

MI低侵襲治療

当院では、天然歯を保護する保存治療にこだわりを持ち、徹底的に歯を傷めない低侵襲治療MI(ミニマルインターベンション)を行なっております。
一般的に歯科治療では虫歯部分を削ってまた更に虫歯になったらさらに削ることをします。歯を削れば削るほどもろくなり、 一度削った歯、抜いた歯は二度と元には戻りません。
歯を守り健康な口腔状態を維持売るためにも可能な限り、削らない抜かない治療必要なのです。

ドックベストセメント

ドックスベストセメント(Doc'sBestCements)とは、アメリカで開発された、"虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する"という画期的な治療法です。
今までの虫歯菌を削って治すという発想とは全く異なります。
このセメントは同の成分でできており銅の持つ殺菌力により神経をとるほどの大きな虫歯であっても、歯の神経を残すことができると期待される治療法です。
アメリカの歯科医師会(ADA)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられています。

初期の虫歯
削る量が少ないので、そのまま詰め物をします。
ドックスベストセメントを使用する必要はありません。

少し進んだ虫歯
通常なら、虫歯の部分をすべて取るため大きく歯を削ります。
このような場合に、ドックスベストセメントを使用することで、虫歯の部分を削り取る必要性はなく極力歯を削らないですませることができます。
また、神経の上の自分の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいというメリットがあります。

神経まで達する深い虫歯の場合
歯の中にある神経をすべて取って、取った後の部分に神経の代わりになるゴムの詰め物をするという根管治療になります。

ドックスベストセメントでは、神経まで達している虫歯の部分を除去しないで、ミネラルで虫歯を殺菌します。
仮詰めという形をとり、数週間後痛みがないか確認をした後、詰めもの、被せものを行います。

【ご注意】このドックスベストセメントは、保険治療として認められておらず、自費治療となります。また、上に被せる冠や詰め物も自費扱いとなります。

3-Mix-mp法

細菌を殺す三種類の抗菌剤を混合し、天然歯をなるべく削らず、う蝕を引き起こす細菌を殺菌し、歯髄の持つ本来の自己回復能力を生かした治療法です。
エナメル質と軟らかい象牙質だけを必要最小限に削り取ります。
十分に消毒した後、3Mix薬剤を塗布し、その上をセメントで埋めます。
この時点ではまだ象牙質の深部に侵入した細菌は残っていますが、その後、3Mixの成分が浸透し、象牙質深部に残っている細菌を殺します。
最終の詰め物、被せものにより治療が終了します。
また根管治療にも応用でき、一度年の治療を行った後のトラブル(感染根管、歯根膿瘍)にも3mix-mp法を適用することにより病巣を無菌化させて治癒へと 導くことができる治療法です。

※全ての症例に適応出来るわけではありません

当院のさまざまな療法

※注釈
「ホリスティック」は、「全体」、「関連」、「つながり」、「バランス」といった意味をすべて包含した言葉です。健康な状態、病気の状態に関係なく、 人間の「からだ」というものは、常に全体的にとらえる必要がありますここで言う人間の「からだ」とは、肉体・精神・心・霊魂の総体であり、 すなわち人間そのものを指します。

ページの先頭へ戻る 
立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る