できるだけ金属を使わない治療
立川駅「北口」から徒歩3分
できるだけ金属を使わない治療トップ画像
できるだけ金属を使わない治療

実は、歯の詰め物、なんでもいいわけではありません。歯の詰め物・被せ物も全身の健康に大きく影響を与えています。
歯の詰め物・被せ物は、身体の一部となり、常にお口の中に存在し続けるものです。
だからこそ、安全で最善のものを選ぶ必要があります。

アマルガム(銀歯)はよくありません

銀歯の詰め物はアマルガムといって、銀、スズ、銅、亜鉛、水銀などが含まれる合金です。
特に水銀が約50%も含まれており、口の中で劣化し、腐食しやすい傾向があることが知られています。
この結果、溶けた金属のイオンや蒸気が体内に流出し、蓄積される可能性があります。

アレルギー症状はお口の金属が原因かも

「アレルギーで悩まされ、さまざまな治療をしたけれど、なかなかよくならない」
「病院で検査を受けても原因がわからない」などの場合、
歯科材料を取り除くだけでよくなることがあるのです。
金属アレルギーは、歯科材料から溶出した金属イオンが、人体が本来持つたんぱく質と結合し、 アレルゲンとなることがわかっています。

不安定な金属による影響

不安定な金属はイオン化して、お口の中で溶け、ひどい場合は、そこから体の中に血管やリンパ管などを通して各臓器に沈着することがあります。
これはさまざまな臓器の働きを低下させる原因となります。
また、不安定な金属が詰め物・被せ物になることで、その金属をもとにした電流が発生し、
自律神経のバランスを崩して体の痛み、疲れ、不眠、イライラなどの症状を引き起こす可能性があります。
さらには、脳活動を混乱させて、頭痛、老化にもつながるといわれているのです。

自分に本当にあった素材選び

患者さんの不安定な金属の詰め物を外して、安定な金属やジルコニアなどを新規に詰めなおすことで、
「瞬時に身体の至ることろの不調が改善した」、「首や腰の痛みがとれた」、「動きがよくなった」ことがあります。
当院でももちろん多くの方に確認されています。
歯科材料の素材選びは万能なものはありません。合わないものは、きっと自分のさまざまな生きる力を弱めてしまうでしょう。
その人、一人一人によって適正な素材を選び、自分に本当にあったものを一緒に探していきましょう。

当院の取り組み

現在のお口の中の詰め物に対して分析・説明をします。
長年の経験から、みなさまに一人一人にあった、安全で最善な詰めもの・被せ物をいっしょに探していきます。
→ジルコニア義歯
→セレックシステム

当院では、詰め物・被せ物を、体に自然にあうセラミックや安定な金歯に変えるだけでなく、
体に埋め込むインプラントにもこだわっています。
→ジルコニアインプラント

歯の中の不安定な金属と身体への影響についてもっと知りたい方はこちら
☆ブログ☆

ページの先頭へ戻る 
立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る