咬み合わせ治療
立川駅「北口」から徒歩3分
噛み合せ治療、バランス治療トップ画像
咬み合わせ治療

かみ合わせや頭蓋骨のアンバランスが、そのまま全身(不定愁訴として)にも影響を及ぼします。
全身のアンバランス(足や腰、手など)から、歯の痛み、義歯のゆるみ、顎関節症など様々なお口の中のトラブルをもたらします。

心落ち着く歯の画像

お口の中のトラブル、かみ合わせなどに、不都合があれば、口の中だけを見て、治そうとするのが一般的です。
しかし、 当院の治療法の特徴は、それらの不都合の原因がお口の中にとどまらず、全身的にどこにあるかをまず探すこと、
それにより治療の優先順位を決め、説明させていただきます。
原因が歯の当たり方、歯の形、重心のバランスや、内臓系のトラブルのこともあります。

不正咬み合わせ1
不正咬み合わせ2
噛み合せの重要性と全身への影響

噛み合わせがずれて不正咬合が発生すると、まずあご(の関節)がズレます。そこから、頚椎、次に胸椎、次に肩関節などの関節が次々とずれていきます。 そこから、腰椎のずれ、骨盤・仙骨のゆがみ、仙腸関節のゆがみ、股関節のゆがみから、神経系統の異常が発生し、ホルモン系統の異常が発生していきます。 そして最終的に、生体のバランスが崩れうと考えられます。
噛み合わせの変化に伴い、体の上から下へと順に歪みが伝わり、その過程でさまざまな症状が起きていきます。
もちろん、このように上からずれが伝わって不調を起こすこともあれば、足、骨盤など下方から、異常を発端にずれが順に伝わることもあります。

歯の刺激が体をゆがませる

【ポイント】歯の凸凹、形、舌、頬にあたっている刺激も体をゆがませます。
身体の不都合を、脳が感知して、自分の身体を何とか生理的に順応させようとします。
引っ掛かりがあるため、(ゆがませる原因があるため)仕方なく、身体は歪んだり痛みを出したりするのです。

不正咬み合わせ3
不正咬み合わせ4
不正咬み合わせ5
歯を連結させる装置がもたらす身体不調

【ポイント】つながったブリッジや矯正の保定装置など、歯を連結させるものが身体に不調をもたします。
顔面骨、頭蓋骨は複数の骨パーツに分かれるのですが、その中の一部の上顎骨、下顎骨は歯を支えています。
歯の連結処置は、呼吸とともに頭蓋骨~脊椎~仙骨と連動してが動くといわれている生体システムをロックしてしまうのです。
整体治療を受けて、これらの身体の調整は、一時的にはある程度改善するかもしれません。
しかし、「お困りの慢性的な症状はその時はよくても、また元に戻ってしまった」ということを 多くの方が体験されていると思います。

歯の専門家である歯医者からみて、 歯がつながった状態、ブリッジ(歯と歯をつなげた修復物)が入ったままの状態で整体をおこなっても、
それは一時的な改善と考えられます。

不正咬み合わせ画像3
ロングスパンブリッジ

【ロングスパンブリッジ】

抜けた歯の放置で噛み合せがずれる

【ポイント】矯正が必要な歯並びの方で、噛み合わせの問題を持っていらっしゃる方が多いです。
そのような場合は、噛み合せのバランスを調整し、矯正治療を加えながら、最終的に身体の快適な部分を見つけていきます。

矯正が必要な歯並びと噛み合せの問題

【ポイント】歯が抜けたままの状態で放置すると、かみ合わせがずれます。
「一か所だけ強く当たる」とか、「何かココの当たりが嫌だな」と感じることはありませんか?
歯が抜けて放置したままにすると噛み合わせが悪くなります。
実際、以前より歯並びが変わってしまったと感じる方は要注意です。

歯ぎしりのひどい方へ

一般的には歯ぎしりは犬歯誘導、グループファンクションといわれる咬合様式で行われているのが理想です。
奥歯だけでしかかみ合わないという方もいるでしょうし、上の歯と下の歯がかぶってしまって、突き上げているような噛み合わせの方もいるでしょう。
これらの方々はそのような理想的な咬合様式で歯ぎしりすることはできないです。
矯正で噛み合わせを変えていくのが理想的です。
一方、一時的に、(睡眠中だけでも)そのようなマウスピースをすることにより、 それらの咬合様式にもっていけば、おもに夜に起こる歯ぎしり食いしばりは、一時的に改善させることは可能です。
これは保険でできます。体験していただければと思います。
多くの人は寝起きがすっきりしたとか、肩や腰のコリがなくなったといわれます。

マウスピース

【マウスピース】

歯ぎしりのひどい方の画像
オーリングテストの実施

オーリングテスト 全体の確認のため、歯の模型をとり、顔や体との調和を見ていき、オーリングテストを用いながら行っていきます。 詳しくは、オーリングテストとはのリンクへ

当院の取り組み

咬み合わせ治療前に大まかな診断を実施します。
・上下の歯型をとります。
・フェイスボウトランスファー
体と正中と咬み合わせの平面が垂直
であるかどうかを調べます。

・咬合器という装置で上下のあごの位置を再現します。
噛み合わせの傾き・ズレを調べます
この模型の患者様は、左右のかみ合わせの高さが違っています。向って右側のかみ合わせが高い為に、赤線のように傾いています。
左右の傾きが水平になる位置。それが、その患者様本来の噛み合わせのバランスとなります。

かみ合わせは上と下の歯が噛みあっていればいいということではありません。それ以外に一本一本の歯の当たり方(3次元的に)、 歯列全体の平面、かみ合わせの高さの過不足、軟組織(舌、頬、唇)の有害な刺激、 歯の連結、欠損歯の有無など様々な改善すべき要因はあります。

咬み合わせについてもっと知りたい方はこちら
☆ブログ☆

フェイスボウトランスファー
噛み合せ器
ページの先頭へ戻る 
立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る