東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2014.07.06

歯肉が腫れる主な原因

1.体調が悪い
2.間違った歯磨きをしている
3.喫煙をしている
4.細菌が歯と歯茎の間に入った
5.親知らずが生えた

1.体調が悪い

体調が悪くなったり、アルコールを多く摂取してしまうと、歯茎の腫れという形でストレスのサインが出てきてしまうことがあります。

この場合は睡眠や食事をとって体調を再び整えてあげると治っていきます。

2.間違った歯磨きをしている

歯茎が腫れる一番の原因がこれです。
歯茎が腫れる要因として「口内が清潔に保てず、細菌が増殖して腫れる」というものが殆
ど。

その中でも間違った歯磨きをしていると、口内の不清潔さが顕著にでます。
磨き残しなどで食べ物カスで細菌が栄養分として増殖してしまい、歯や歯茎に腐敗物を生み出し歯が腫れてしまします。

最終的には歯周病などを発症して歯が無くなります。
解決策は唯1つ正しい歯磨きをすることです。

柔らかめの歯ブラシを使用してブラシを鉛筆持ちをして軽く左右に動かします。

3.喫煙をしている

喫煙も歯茎が腫れる原因の1つです。

歯茎が腫れる要因の1つに口内を不清潔である、というものがありますが、タバコは口内を不清潔にしてしまいます。

そのため歯茎が腫れてしまうのです。

方法としてはやはり禁煙が一番ですがどうしても止められないようでしたら歯医者に行って定期的にクリーニングを受けるのも良いでしょう。

4.細菌が歯と歯茎の間に入った

虫歯治療後に誤ってかぶせものと歯茎の間に細菌が入ってしまい、そこを拠点にして最近が増殖してしまうことによって、歯茎に炎症が出てしまうのです。

とくに虫歯治療で神経を抜いているので気付かないことも多いようです。
視覚でのサイン「歯茎が腫れる」というので判断するしかないでしょう。

その疑いがある人は速やかに歯医者にいってください。

5.親知らずが生えた

親知らずは奥歯に生えます。
そのためいつもより入念に歯磨きをすることが難しくなってしまい、食べ物カスが残りやすくなってしまい、細菌が増えて歯茎が腫れるということがあります。

定期的に歯医者に行って歯のクリーニングをしてもらうなど歯全体を清潔にすることが大切です。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る