東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2016.11.20

妊娠中の虫歯治療

■妊娠初期の虫歯治療

妊娠中の歯の治療は、放置した際のリスクと治療のリスクを比較して優位が認められれば治療を選択します。
子どもの体の器官が形成される大切な時期。
この時期の歯の治療は、麻酔やレントゲン、薬などを使用しないで済む小さな虫歯の治療や歯石とり程度にとどめるのが安全です。
もし痛みがある場合は応急処置でしのいで、安定期になってから治療するのがオススメです。


■妊娠中期の虫歯治療

57ヶ月の安定期は歯の治療に最も適した時期。
この時期であれば麻酔が必要な虫歯治療や抜歯を含め、ほとんどの歯科治療を行なうことができます。


■妊娠後期の虫歯治療

仰向けで治療するとおなかが圧迫されやすく体に負担がかかることが多い時期。
歯科治療は不可能ではないものの、早産の恐れを考えると妊娠中期よりリスクがあると考える必要があります。

つわりや体調は個人差が大きいので、安定期でも治療が行なえないことも。
基本的には妊娠前にしっかりと歯の治療を行なっておくことが大切なのです。

【妊娠中に知っておきたい3つのポイント】

■歯科局所麻酔の胎児への影響

安定期に通常治療を行なう場合で、歯科局所麻酔を使用しないと痛みが強く治療が難しい場合は、麻酔を行う方が無難。
普通の局所麻酔の使用量で安定期であれば、胎児への心配はほとんどないとされています。


■レントゲンの胎児への影響

レントゲンは最小限の使用が前提。
しかし歯科のレントゲン撮影はエックス線の線量も少なめで、さらにエックス線防護のエプロンなどを併用することが多いため、胎児にX線が直接影響する可能性は低いと考えられます。
心配な場合は8週目までの妊娠初期の時期だけは避けて行います。


■薬の胎児への影響

歯科で使用する薬も、種類や胎児の成長時期によっては胎児に悪影響があるものもあります。
しかし抗生物質などは腫れや炎症を落ち着かせるのにどうしても必要なもの。
その場合は危険の少ない薬を選んで処方するのが一般的です。


これらは妊娠中に使わずに済めばそれに越したことはありませんが、使ってしまったから必ず胎児に影響するというものでもありません。
むしろ強い痛みや不快感を我慢して状態を放置するより、応急処置でも良いのである程度治療をした方が精神面でも食生活の面でもメリットが大きいこともあります。

妊婦さんは出産後も忙しく虫歯治療のための通院時間が取れないことも多いようなので、後で苦労することを考えてできる時にしっかり治療しておくことが大切です。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る