東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2015.07.03

顎関節症度チェック

1.顎が開きにくい感じがする。

顎が開きにくい感じがするのには2種類のパターンがあります。1つは、咀嚼筋の運動障害による顎関節症です。2つ目は、顎関節の内部にある関節円板の障害による問題です。

2.顎の開閉運動時に、顎関節部やこめかみ、耳の周辺で”パキッ”や”カチッ”などのクリック音がする。

これは、関節円板の位置異常が起こっている可能性の高い状態です。3型の顎関節症の可能性があります。

3.顎をあけると痛みがある。

顎をあけた時に痛みがある場合は顎関節症の可能性が非常に高いと言えます。

4.硬いものを食べると顎が痛む、もしくは硬いものを食べることができない。

この状態は、物を噛むときに顎関節部にかかる圧力によって痛みが出ている状態です。
顎関節症の可能性が高い症状の1つです。

5.噛み合わせがなかなか合わない。

噛み合わせがなかなか合わないのは、顎関節の位置異常によって上歯と下歯の位置があっていない可能性があります。
このような時に、歯を削って噛み合わせを合わせるのは危険な時があります。
ご注意ください。

6.顎がはずれそうになる、もしくは脱臼しやすい。

このような症状は、顎関節内部の問題がある場合に多い顎関節症で認められる症状です。

7.朝起きた時に口が開きづらいことがある。

この症状は、顎関節症の初期に多い症状です。
動かし始めると比較的スムーズに動くのも特徴です。
慢性化すると、1日を通して顎が開きにくくなります。

8.慢性的な首の痛み・だるさがある。

1型の顎関節症のでは、咀嚼筋の問題が周辺の筋肉に悪影響を及ぼし首や肩の痛みを引き起こすことがあります。

9.夕方になると頭痛がする。

この状態は、顎の周辺の筋肉が夕方になると疲労がたまり血流の悪化や神経の圧迫を起こしてしまう事があります。
このような状態になると頭痛が引き起こされます。
慢性化すると夕方の頭痛だけでなく、1日を通して頭痛が起こるようになります。

10.顔にシビレやツッパリ感がある。

顔の筋肉は表情筋といわれる筋肉です。
咀嚼筋の影響で表情筋に問題が波及すると皮膚を引っ張るようになります。
そうすると皮膚に動きが制限され、顔にシビレやツッパリ感があらわれます。

11.朝起きた時に顎が痛む。

朝起きた時の顎の痛みで顎関節症が発症する方も多くいらっしゃいます。1型の顎関節症の可能性があります。

いかがでしたか?当てはまる項目が2つ以上ある場合には、顎関節症の治療を開始する事をお勧めします。
特に、顎関節部に痛みがある場合や顎関節の動きに異常が出ている場合には早期の治療開始をお勧めします。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る