東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2015.01.17

骨隆起とは

骨隆起とは、あごの骨が部分的に過剰に発育することによって生じる、いわゆる骨の「こぶ」。悪性の腫瘍ではありません。

これは加齢とともに大きくなる傾向があります。
原因は明らかにされていませんが、遺伝的要素とされるのがひとつ。
もうひとつは、長年のかみ合わせの力が骨に伝わって「ひずみ」が生じ、その結果として骨にこぶが出てくるとも考えられています。


実際に、骨隆起が目に見えて確認できる年齢は、主に三十代以降。
それ以前の年代の方には、ほとんどと言っていいほど見られません。
発生部位は上あごの真ん中、もしくは下あごの内側が多く、しかも左右対称に多く見られます。
そのほかに上あごの奥歯の歯茎外側に見られることがあります。

骨隆起はその存在自体には問題はなく、障害がないかぎり放置しても差し支えはありません。
しかし、骨隆起を覆っている粘膜は、ほかの場所に比べとても薄いのです。
このため、食事中に食べ物が当たって傷ができたり、入れ歯の床部分や部分入れ歯の金属の支え部分が強く当たり、痛みの原因になることがあります。

また、上あごの外側に存在した場合、歯の外側が磨きにくくなります。
そのため、虫歯や歯槽膿漏(のうろう)になったり、入れ歯のスペースがなくなり装着が困難になります。
まれに過剰に肥大し、発音障害、咀嚼(そしゃく)障害を起こすことがあります。
こういった場合は、手術で骨隆起を除去する必要があります。


局所麻酔下にて粘膜骨膜を剥離し、骨隆起は有茎性であるため、骨ノミやバーで容易に除去することが可能です。
手術による影響は特にありません。
再発の可能性は考えられます。
接触刺激で痛みや潰瘍を頻繁に認める場合や、義歯装着の妨げになる場合、除去手術をおこなうことがあります。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る