東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2014.08.16

ストレス、疲れが起こす歯・口のトラブル一覧

1.歯ぐきの腫れ

普段からケアされている健康な歯ぐきであれば、疲れやストレスがあっても歯ぐきが腫れることはほとんどありません。
歯周病の原因となる歯石などがすでに存在し、体の抵抗力で痛みを押さえ込んでいる場合、歯ぐきが腫れることがあります。

2.歯が浮く

歯が浮いて、痛みが起きることがあります。
考えられる主な原因は2つ。
ストレスが原因の歯ぎしりが続き、健康な歯が一時的に歯が横方向に過度に揺らされて浮いてしまった場合。
咬み合わせを調整することで痛みが軽減します。

根の奥に膿が溜まったり、歯周病などの慢性炎症がある場合。
通常は体の抵抗力で痛みを押さえ込めていても、ストレスや疲れで抵抗力が落ちるとバランスが崩れ、歯が浮くことがあります。
歯の根の治療が必要。

3.歯ぐきのおできが膨らむ

よく見る症状ですが、痛みもないので放置されがち。
歯ぐきのおできは噴火口にすぎず、その奥の骨の中に、歯が原因のマグマのような膿溜まりがあることも。
体調によって腫れたり引っ込んだりを繰り返すことがほとんどですが、できれば早期に根の治療を行なった方がよいです。

4.口臭の悪化

緊張などによるストレスは、唾液の分泌を少なくしてしまいます。
細菌から出ている悪臭などは通常唾液が洗い流してくれているので、口の中が乾くことで一時的に口臭が発生しやすくなります。

5.虫歯の痛みの再発

浅い虫歯はそれほど違いなし。
しかし歯の神経の近くまで進行した深い虫歯や、一部神経などに達している虫歯は、体の抵抗力が落ちると急に痛くなることがあります。

6.急な歯のぐらつき

歯周病は自覚症状がなく、こっそり進行していることがほとんど。
軽いものは体の抵抗力で炎症を押さえ込んでいることが多いです。
末期の歯周病になると、ストレスや疲れで抵抗力が落ちたタイミングで一気に腫れて歯がグラグラになります。
ひどい場合は抜歯となることも。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る