東京都立川市曙町2-9-4-4F 電話番号:042-526-2784

english page
イメージ
立川駅「北口」から徒歩3分

検索

過去の記事

2013.10.10

妊娠中は歯のケアが行き届かないことも・・・

まだ出産のご経験のない方から「妊娠・出産でお母さんはカルシウムを奪われるから、歯がボロボロになるって本当ですか?」と聞かれることがあります。

栄養が行き届いていなかった時代であれば、赤ちゃんに必要なカルシウムを補うために、母親の歯のカルシウムが溶け出すといったこともあったかもしれませんが、今の時代、普通の生活をしていれば、栄養を奪われるから歯がボロボロになるということはありません。

歯が痛くなることがあるのは、妊娠初期のつわりのときに、歯ブラシを口に入れると気持ち悪くなったり、歯磨き粉のにおいを受け付けなくなったりして、歯磨きが行き届かずに虫歯になるからでしょう。
虫歯菌は眠っている間に繁殖するといいますが、つわりの間は、少量食べてはそのままウトウトの繰り返しで、口の中をケアできないまま眠ってしまうことが多いせいもあります。

また、妊娠中には歯科検診の案内が届くと思いますが、口の中に少々気になる症状があっても「妊娠中は薬を使ってはいけないから、歯医者にはいかない方がいい」と思っているうちに、悪化してしまった、ということもあるかもしれません。

さらに、歯周病を起こす菌の中には、女性ホルモンを好むが細菌がいて、女性ホルモン値が高くなる妊娠中に、歯茎の炎症を起こしやすいというのはあるようです。

いずれにしろ、出産後は育児で手が離せなくなり、治療はさらに遠のきますので、歯が痛い場合は歯科医に「妊娠している」ことをしっかり告げて、対処しましょう。

立川活き活き歯科トップ
立川活き活き歯科トップ
スケジュール表
立川活き活き歯科トップ

■ 立川駅北口の駅近く、曙町にある地域に根差した歯医者さん(歯科医院)を目指している、立川活き活き歯科クリニックです。 立川周辺はもちろんのこと、都内外からも多くの患者様がお越しになります。 虫歯治療(可能な限り痛くない・削らない・抜かない)、予防歯科(歯周病治療、口臭)、 入れ歯治療(痛くない、目立たない)、歯列矯正治療、ホワイトニング(白い歯、黄ばみ)、インプラント治療 に加え、最新のセラミック審美治療(TVでおなじみのコンピューター3Dプリンター治療)及び、噛み合わせ整体治療を 行っております。 尚、訪問歯科として、 地域医療に貢献できる歯医者そして歯科医院を目指して、地元のみなさま (立川、国立、国分寺、武蔵小金井、日野、豊田)のお口の健康をお守りするお手伝いができればと思っております。

地図・アクセス・マップ
ページの先頭へ戻る